ゼニカルのアルコール

ゼニカルのアルコールの影響を考える

ゼニカルは、外国では肥満治療が必要な患者さんに処方されている医薬品です。

ダイエット関連商品は数多く発売されていますが、医薬品として効果が認められているゼニカルの方が確実に痩せられそうです。

医薬品ということは、飲み合わせが悪いものを一緒に口にすると、副作用などを発症する心配が出てきます。

アルコールがお好きな方は、ゼニカルでダイエットをする期間中に飲酒しても影響がないか、気になるところではないでしょうか。

ゼニカルに配合されている有効成分は、オーリスタットというものです。

アルコールとオーリスタットの薬力学作用はないということがわかっていますから、ゼニカルを服用していても安心してお酒を楽しむことができます。

薬力学作用は、アルコール以外にジゴキシン、ワリファリン、グリブリド、フェニトイン、ニフェドピン、経口避妊薬、プラバスタチンなども関係がなく、薬物動態も心配がいらないということです。

アルコールは、ゼニカルを使用するかどうかに関係なく、ダイエット中には控えた方がいでしょう。

アルコールの持つ性質として、脂肪の蓄積を促進するというものがあるからです。

ゼニカルの服用において、アルコールが弊害になることはありませんが、やせたい時期には量を抑えた方がよさそうです。

アルコールそのものにも、高いカロリーがあります。

アルコール以外で、水分をしっかり摂取することはダイエットに効果があります。

痩身につながる目安の量は、1日あたり水コップ5杯といわれています。

水を飲むことが痩身につながるからといって、あまりやりすぎないように気をつけてください。

特に冷たい水をたくさん飲むと、体質が冷え性になる心配があるためです。

体質が冷え性になると、脂肪燃焼のさまたげになり、代謝が落ちます。

ダイエットには、体を冷やさないように心がけることも大切です。

適量を念頭におきながら、意識的に水を摂取するようにするだけでも、目標の量に近付けそうです。

>>ゼニカルの詳細はこちら<<